GPIF 、2022年度版「優れた TCFD 開示」企業を発表

 

3月23日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、国内株式の運用を委託している運用機関に対して選定を依頼していた「優れた TCFD 開示」企業を発表した。

GPIFは運用機関に、最大5社「優れた TCFD 開示」の選定を依頼するとともに、開示の4項目(ガバナンス・戦略・リスク管理・指標と目標)についても、それぞれ最大3社の優れた開示の選定を依頼した。

結果として27社が選定され、4機関以上の運用機関から高い評価を得た「優れたTCFD開示」として、キリンホールディングスが8機関、三菱UFJフィナンシャル・グループが5機関、リコーが5機関、日立製作所が4機関から評価を得た。

全体票数でみるとキリンホールディングスが首位となったが、項目別でみると、ガバナンスと指標・目標では住友化学が、戦略では日立製作所が首位となった。

【参照ページ】
GPIF の国内株式運用機関が選ぶ「優れた TCFD 開示」

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る