ボルボ、次世代ゼロエミッション・水素トラックを試験的に導入

ボルボ、次世代ゼロエミッション・水素トラックを試験的に導入

6月20日、ボルボ・トラックは、水素を燃料とする新しい燃料電池電気トラックを、この10年の後半で製品ポートフォリオに追加する計画を発表した。同社はまた、新技術を使用した車両のテストを開始した。

水素を動力源とするトラックは、ボルボのCO2ニュートラルなポートフォリオを拡大するもので、現在、バッテリー電気トラックやバイオガスなどの再生可能燃料で走行するトラックも含まれている。

燃料電池は、外部から充電するのではなく、搭載された水素から自ら発電するため、排出される二次生成物は水蒸気のみとなる。燃料電池は、ボルボグループとDaimler Truck AGの合弁会社であるCellentric(セレントリック)が納入し、大型車用に開発された燃料電池の欧州最大級の生産設備を建設する予定。

新しい燃料電池電気トラックは、最大1000kmの航続距離、15分未満の燃料補給時間、約65トン以上の総重量を持つ。

ボルボ・トラックによると、燃料電池技術はまだ開発の初期段階にあり、新技術の利点はあるものの、グリーン水素の大量供給や大型車への燃料補給インフラが未整備であることなど、いくつかの課題が残されている。

【関連記事】Volvo、新型大型電気トラックの発売を発表。蓄電量と航続距離の大幅拡大

【参照ページ】
(原文)Volvo Trucks showcases new zero-emissions truck
(日本語訳)ボルボ、次世代ゼロエミッション・水素トラックを試験的に導入

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る