SEC審査部、2022年の審査優先順位を発表。ESG投資など5つの分野を重視

 

3月30日、証券取引委員会(SEC)審査部は、いくつかの重要な重点分野と多くの永続的なリスク分野を含む、2022年の審査の優先順位を発表した。

審査部は、ESG投資、個人投資家保護、情報セキュリティと業務レジリエンス、新興技術・暗号資産、私募ファンドの5つの事項に重点を置く予定である。同部は、投資家や米国資本市場の健全性に潜在的なリスクをもたらすと考える分野を含む、リスクベースのアプローチに関する洞察を提供するため、毎年審査優先順位を発表している。

ESG投資に関しては、私募ファンド・投資信託・上場投資信託(ETS)を含むESG関連のサービスや投資商品に焦点を当て、登録ファンドがESG投資アプローチを正確に開示しているか、連邦証券法に抵触しない手続き・実務を実施しているかなどを調べる。また委任状による議決権行使手続きとESG関連の開示事項の一致についても調べる予定だ。

【参照ページ】
(原文)SEC Division of Examinations Announces 2022 Examination Priorities
(日本語訳)SEC審査部、2022年の審査優先順位を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る