花王、子育てサポートサービス『Kao すまいる登園』を発表。おむつサブスクなど開始

 

3月28日、花王株式会社は保育園に向けた新サービス『Kao すまいる登園』 の開始のため、 BABY JOB(ベビージョブ)株式会社との協働を発表した。 本サービスは 「紙おむつ「メリーズ」のサブスクリプション」ほか、「教育コンテンツ提供」「保育園内衛生環境づくり」を行うものであり、2022年4月1日より開始する。

花王は、「メリーズ」おむつサブスクリプションサービスを開始することにより、保護者や保育士の手間や負担が軽減し、子どもたちと過ごす時間をより充実させることができると考えている。
花王では、2019年から紙おむつ「メリーズ さらさらエアスルー」「メリーズパンツ さらさらエアスルー」のサブスクリプションを実施していたが、昨今の需要拡大を受け、今回BABY JOB株式会社と協働することにより、新たな決済システムを構築した。保護者からの利用料受け取りはBABY JOB株式会社が担うため、保育園は決済にかかわる負担がなく、導入しやすくなった。

また、花王は構築した教育コンテンツの提供により、子どもたちの生活に役立つ正しい知識を身につけることができるよう支援を行なう。内容としては、手洗い教室/手指の消毒液使い方講座/シャンプーひとり髪洗い教室/みのまわりをきれいに教室などが挙げられる。

さらに、保育園内施設を衛生的に保つため、花王の商品の販売やノウハウ提供を行なう。子どもたちとその家族、保育園職員が安心できる保育園内の衛生環境づくりに貢献する。開始は6月頃を予定している。

花王は「今後も、赤ちゃんや子どもたちの健やかな成長を願い、自社の強みを活かしたサービスの拡充を行なう。」と述べている。

【参照ページ】
花王、保育園向けのおむつサブスクリプションを中心とした
子育てサポートサービス『Kao すまいる登園』を2022年4月より開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る