Volvo、新型大型電気トラックの発売を発表。蓄電量と航続距離の大幅拡大

Volvo、新型大型電気トラックの発売を発表。蓄電量と航続距離の大幅拡大

1月14日、Volvo Trucksは、現行モデルに比べて航続距離と蓄電容量を大幅に拡大した北米市場向けの新型大型電気トラックを発売すると発表した。

VolvoVNRエレクトリックトラックモデルは、Volvoが2020年11月に発売した全電気式大型トラックラインの一部を構成している。初期のクラス8 VNRモデルは、2020年後半に北米に導入され、240kmの航続距離を特徴としている。バッテリーの設計を改善し、6つのバッテリーオプションを備えた強化版VNRでは、この航続距離が85%増の440kmとなり、エネルギー貯蔵量は最大565kWhとなる。

同社によると、このトラックは充電時間の短縮も特徴で、6バッテリー・パッケージでは90分、4バッテリー・パッケージでは60分で80%の充電が可能である。

Volvoは、2019年に初のミディアムデューティー電気トラックを導入したのを皮切りに、電気トラックのラインアップを積極的に拡充している。同社は、2030年までにトラック販売の半分を電気トラックにする目標を発表している。

【参照ページ】
(原文)Volvo Trucks launches electric truck with longer range
(日本語訳)Volvo、新型大型電気トラックの発売を発表 蓄電量と航続距離の大幅拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る