印CRISIL Ratings、格付けに与えるESGの影響を評価・開示へ

印CRISIL Ratings、格付けに与えるESGの影響を評価・開示へ

1月12日、インドを拠点とする格付・リサーチ・リスク・政策アドバイザリーサービスプロバイダーであり、S&Pグローバル企業のCRISIL Ratingsは、信用格付を付与する際にESGパラメータの影響を開示することを開始することを発表した。

CRISILによると、この取り組みは、投資家の意思決定プロセスにおいてESG要素の考慮がますます重要になり、投資家がESGレンズを通して投資機会を選別するようになったことを受けて行われます。

CRISILは、持続可能性関連要因が既に信用評価に組み込まれていることに留意しつつ、今後は、環境・社会要因のセクター別影響度や、ESG側面における企業の相対的パフォーマンスを評価する独自のフレームワークを活用し、ESG要因が企業の信用リスクに与える影響を評価・開示することにしている。

CRISILは、ESG評価を提供できるかどうかは、ESG情報の利用可能性に依存すると述べ、インドでは最大の上場企業に対する非財務情報開示の義務化の導入が待たれるなど、持続可能性関連の報告を改善するための初期の措置が取られていることに言及している。

【参照ページ】
(原文)CRISIL Ratings to call out ESG impact on credit profiles
(日本語訳)CRISIL、格付けに与えるESGの影響を評価・開示へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る