本田技研工業とGM、燃料電池製造合弁会社の生産開始を発表

本田技研工業とGM、燃料電池製造合弁会社の生産開始を発表

1月25日、本田技研工業は、自動車業界の大手企業である米国GMとの燃料電池製造合弁会社であるFuel Cell System Manufacturing(FCSM)が、燃料電池生産を開始したことを発表した。

FCSMは、2017年1月に設立され、両社が出資比率50%ずつで8,500万米ドル(約125億円)を拠出した。本社は米国ミシガン州ブラウンズタウンに位置し、GMの既存バッテリーパック生産工場内に拠点を置いている。

FCSMが生産する燃料電池システムは、2024年に本田技研工業が発売を予定している燃料電池自動車(FCV)に搭載される予定である。さらに、商用車や定置電源、建設機械など、法人顧客向けにも適用範囲を拡大し、水素需要を喚起することを目指している。

今回生産を開始した燃料電池システムは、耐久性を2倍に向上させるために耐食性の高い材料を採用し、耐低温性も大幅に向上させた。また、セルシール構造の進化や貴金属使用量の削減、大規模生産によるコスト削減などにより、開発・製造コストを2019年モデル比で3分の1まで削減した。

本田技研工業は、2050年までに全製品と企業活動でカーボンニュートラルを目指すことを既に表明しており、EVとともに水素を有望なエネルギーキャリアとして位置づけ、研究・開発を進めている。今回の燃料電池製造開始も、その一環として重要なアクションである。

【参照ページ】
Hondaとゼネラルモーターズ(GM)の合弁会社 Fuel Cell System Manufacturing, LLCにおいて燃料電池システムの生産を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る