住友金属鉱山、二次電池用正極材の増産を行うことを決定

住友金属鉱山、二次電池用正極材の増産を行うことを決定

7月6日、住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野崎 明)は、自動車の電動化進展に伴う車載用二次電池の需要拡大に対応するために、二次電池用正極材の増産を行うことを決定したと発表した。

自動車用のリチウムイオン電池の重要な部材の1つである「正極材」を生産する工場を、別子地区(愛媛県新居浜市)に新工場として建設、播磨事業所(兵庫県加古郡播磨町)では関連する製品をつくるために設備増強を行う。設備投資総額は両拠点合計470億円で、2025年の完成を予定している。

【参照ページ】車載電池向け正極材の増産を決定-別子地区に新工場を建設-

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る