MSCI、企業の脱炭素目標を評価する枠組み発表

MSCI、企業の脱炭素目標を評価する枠組み発表

世界の機関投資家の重要な投資判断を支援するツールとサービスを提供しているMSCIは、ネットゼロ目標を含む企業の脱炭素目標を評価するための新たな枠組み「MSCIターゲット・スコアカード」を発表した。

同社は、MSCIターゲット・スコアカードを活用することで機関投資家は、企業の気候変動に対するコミットメントを比較することができ、現実的な脱炭素目標を掲げている企業を特定することが可能になるとしている。 

MSCIターゲット・スコアカードでは3つの重要な側面

  • 包括性 – 公表されている脱炭素目標が企業の総排出量のうちどの程度を削減対象としているか
  • 目標の高さ – 脱炭素目標がどの程度の排出量を、どの時間軸で削減しようとしているか
  • 実行性 – 脱炭素目標の実行性と企業の目標達成に向けた進捗度合

から企業の気候目標を評価する。

【参照ページ】Who has the most robust carbon target –
ExxonMobil or Chevron? MSCI develops first of its kind framework to assess companies’
decarbonization and net-zero climate targets

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る