明治、リサイクル循環を構築 。プラスチックを516トン削減

明治、リサイクル循環を構築 。プラスチックを516トン削減

株式会社 明治は、プラスチック使用量の削減を目的に、ヨーグルトや牛乳などの保管・輸送に使用するプラスチック製物流資材(クレート:主に輸送時に商品を保管するトレー)のリサイクル循環を構築し、2021年4月より順次運用を開始した。

同社はプラスチック製物流資材の製造・販売を行う三甲株式会社(代表取締役社長:後藤 利彦)と連携し、4月よりクレートのリサイクル循環の運用を開始。この循環は、破損・劣化した当社のクレートを三甲株式会社にてリサイクル材に加工後、リサイクルクレートの製造を行い、明治内で使用するというものだ。これにより、2030年度までに物流資材のプラスチック使用量を516トン削減できる見込みとしている。

また、今回運用を開始したクレートの取り組みに先駆け、2015年度より商品の保管・輸送に使用するパレットについてリサイクル循環に取り組み、破損や劣化などで使用できなくなったパレットは100%リサイクルを行ってきた。これにより、プラスチック使用量を1,700トン削減した。さらに、2019年度からはパレットの軽量化を進めたことにより150トン削減し、2015年度から2020年度の6年間で、物流資材のプラスチック使用量を合計1,850トン削減してきた。

【参照ページ】 物流面におけるプラスチック削減を加速 プラスチック製物流資材のリサイクル循環を開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る