1,000社以上の企業、1.5℃の気候目標に沿って科学的根拠に基づく排出削減を約束

11月10日、COP26において、Science Based Targets initiative(SBTi)と国連グローバル・コンパクトは、企業の気候変動への取り組みを急速に拡大するためのグローバルキャンペーンの一環として、1,000社以上の企業が1.5℃に合わせた科学的根拠に基づく目標を設定したことを発表した。

今回、米国のGDPを上回る時価総額23兆ドル(約2,600兆円)以上の1,045社の企業が、地球温暖化を1.5℃に抑えるために必要なペースと規模で脱炭素化を進めるという緊急の呼びかけに応えた。これらの企業は、60カ国、53分野にまたがり、3,200万人以上の従業員を擁している。

10日に発表された「Business Ambition for 1.5°C – Responding to the Climate Crisis」は、国連グローバル・コンパクトが2019年に開始した「Business Ambition for 1.5°C」キャンペーンの影響を明らかにしている。このキャンペーンは、企業が科学に沿った排出削減目標を設定できるようにするための世界的な組織であるSBTiが、We Mean Business Coalitionおよび国連グローバル・コンパクトと連携して主導している。

企業部門では、1.5℃に沿った目標が最も一般的な選択肢となっており、2021年のSBTiに提出された全目標の75%を占めている。今後8年間で排出量を半減させることが急務であるため、SBTiは2022年6月以降、企業による1.5℃に沿った目標のみを受け付けることになった。

3分の1の企業は、すでに近い将来の排出削減目標の検証を終えており、また、半数以上の企業が遅くとも2050年までに、バリューチェーン全体での排出量をネット・ゼロにすることを約束している。

【参照ページ】
(原文)More than 1,000 companies commit to science-based emissions reductions in line with 1.5°C climate ambition
(日本語訳)1,000社以上の企業、1.5℃の気候目標に沿って科学的根拠に基づく排出削減を約束

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る