英国など30カ国、ゼロエミッション車への移行に関する目標をCOP26にて発表

11月10日、COP26において、30カ国が協力し、2030年またはそれ以前に全ての地域でゼロ・エミッション車(ZEV)への手ごろな価格でのアクセスと、持続可能性を実現することに合意した。インドやルワンダ、ケニアなどの多くの新興市場が、自国の市場におけるZEVへの移行を加速させることに合意している。

今回の発表では、新興国や発展途上国における道路交通の脱炭素化のために、今後10年間で2億ドルを動員する世界銀行の新しい信託基金の立ち上げも発表された。

本目標は、ゼロエミッション車移行協議会(ZEVTC)の指針となっている。ZEVTCは、2022年に移行を加速するための持続的な国際協力の分野を定めた、初の年次アクションプランを発表する。米国は10日、英国とともにZEVTCの共同議長に就任した。

また、19カ国の政府が、2つの港を結ぶゼロエミッションの輸送ルートである「グリーンシッピングコリドー」の設立を支援する意向を表明した。これは、ゼロエミッション船舶技術を導入し、代替燃料や充電インフラを港に設置することで、世界の主要航路でのゼロエミッション輸送を可能にするものである。英国は、2035年から2040年の間にほとんどの新型ディーゼルトラックの販売を終了することを約束し、クリーンなトラックへの移行を進めている。

【参照ページ】
(原文)COP PRESIDENT DAILY MEDIA STATEMENT AND LATEST ANNOUNCEMENTS – 10 NOVEMBER
(日本語訳)COP26において、ゼロエミッション車への移行に関する目標が発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る