メルセデス・ベンツ、廃タイヤから車両部品を生産開始

8月24日、メルセデス・ベンツは、化学大手BASFおよび熱分解スタートアップPyrum Innovations AGと共同で、廃タイヤをケミカルリサイクルし、ベンツの車両部品を生産すると発表した。

同社は、廃タイヤの循環型アプローチを実現するために、多くのパートナーと協力している。そのひとつが、BASFのケミカルリサイクルプロセスを活用する方法だ。Pyrum Innovations AGが廃タイヤから生成した熱分解油を農業廃棄物から得られるバイオメタンと組み合わせることで、原油から生産されるバージンプラスチックと同等のプラスチックを生産できる。さらに、化石資源の使用量を削減するだけでなく、出来上がったプラスチックの二酸化炭素排出量も削減できる。

ケミカルリサイクルで生産されたプラスチックは、EQEクラスとSクラス車両のドア・ハンドルに用いられ、2022年から量産を開始する。また、Sクラス車両には、クラッシュ・アブソーバーとしても搭載される。今後発売されるSUVのEQEクラスなどにも、同プラスチックでできたドア・ハンドルが装備される。

同社は将来的に、より持続可能なリサイクル素材であるこのプラスチックの使用量を徐々に増やしていく。また、2030年までに保有する自動車に占めるリサイクル素材の割合を平均40%まで高めることを目指している 。

【参照ページ】
From scrap tyres to door handles – Mercedes-Benz takes firm grip of circularity

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る