メルセデス・ベンツ、廃タイヤから車両部品を生産開始

8月24日、メルセデス・ベンツは、化学大手BASFおよび熱分解スタートアップPyrum Innovations AGと共同で、廃タイヤをケミカルリサイクルし、ベンツの車両部品を生産すると発表した。

同社は、廃タイヤの循環型アプローチを実現するために、多くのパートナーと協力している。そのひとつが、BASFのケミカルリサイクルプロセスを活用する方法だ。Pyrum Innovations AGが廃タイヤから生成した熱分解油を農業廃棄物から得られるバイオメタンと組み合わせることで、原油から生産されるバージンプラスチックと同等のプラスチックを生産できる。さらに、化石資源の使用量を削減するだけでなく、出来上がったプラスチックの二酸化炭素排出量も削減できる。

ケミカルリサイクルで生産されたプラスチックは、EQEクラスとSクラス車両のドア・ハンドルに用いられ、2022年から量産を開始する。また、Sクラス車両には、クラッシュ・アブソーバーとしても搭載される。今後発売されるSUVのEQEクラスなどにも、同プラスチックでできたドア・ハンドルが装備される。

同社は将来的に、より持続可能なリサイクル素材であるこのプラスチックの使用量を徐々に増やしていく。また、2030年までに保有する自動車に占めるリサイクル素材の割合を平均40%まで高めることを目指している 。

【参照ページ】
From scrap tyres to door handles – Mercedes-Benz takes firm grip of circularity

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る