世界経済フォーラム等、IFACCイニシアティブ発足。8社が加盟

11月2日、世界経済フォーラムの熱帯林同盟、国連環境計画が立ち上げた「アマゾン、セラード、チャコのための革新的金融(IFACC)」イニシアチブは、2022年までに30億ドル(約3,400億円)相当の投資を約束し、2億ドル(約220億円)以上を支出することを発表した。

本イニシアティブは、産業が拡大する中で土地を守ることを目的としており、2025年までに投資額100億ドル(約1.1兆円)、支出額10億ドル(約1,150億円)を目標に、金融機関やアグリビジネス企業など8社が参加し、南米における森林破壊と土地利用変化を伴わない大豆と畜牛を促進する。

グリーンファンド、AGRI3、デュアグロ、グルーポ・ガイア、JGPアセットマネジメント、シンジェンタ、サステナブル・インベストメント・マネジメント、VERTの8社は、COP26で開催された世界首脳会議において、この地域のコモディティ生産をより持続可能なモデルに移行する計画の一環として、IFACC宣言に署名し、資金拠出を行うことを発表した。

牛や大豆の生産は、これらの貴重な生態系における森林伐採や自然植生の転換の最大の要因のひとつであり、「森林にポジティブな」生産モデルへの投資を拡大することが重要である。これは、サプライチェーンでの調達の約束、トレーサビリティシステム、土地利用・貿易政策の改革、司法権を利用したアプローチなど、他の取り組みを補完するものである。

民間企業が提供する資金は、農家がより持続可能なビジネスモデルに移行するための資金供給を促進する。本ビジネスモデルには、劣化した牧草地での生産拡大や、持続可能な牧畜の強化による収穫量の増加などが含まれる。

世界の農業需要は、人口増加率の2倍以上という驚異的なスピードで増加しており、森林破壊のない製品に対する国際的な需要の高まり、消費国における規制の変化、投資家の期待などにより、食料生産システムの大幅な転換が求められている。

【参照ページ】
(原文)Financial Institutions and Agribusinesses Commit $3 Billion to Sustainable Production
(日本語訳)世界経済フォーラム等、IFACCイニシアチブ発足

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る