JPモルガン、1.5兆円以上を投じて人種間の公平性を促進

 

JPモルガン・チェースは、過去1年間に人種的公平性の促進を目的とした1.5兆円以上の融資や資金提供を行い、5年間で定めた目標の半分に近づいたことを発表した。

この数字は、JPMorgan’s 300 billion Racial Equity Commitmentの最新情報の一部として発表された。昨年開始されたこの5年間のコミットメントは、米国における人種的公平性を

促進し、黒人、ヒスパニック、ラテン系コミュニティ間の人種的富の格差を解消することを目的としている。融資の対象となるのは、十分なサービスを受けていないコミュニティのための手頃な価格の住宅や住宅所有権の促進と拡大、マイノリティが所有する企業の成長、コミュニティの財務状況と銀行へのアクセスの改善だ。

現在までのところ、割り当てられた資金の大半は、全米で6万戸以上の手頃な価格の住宅や賃貸住宅の保全を支援するための60億ドルの融資や、住宅ローンの低金利を利用して住宅所有者が貯蓄できるようにするための40億ドルの住宅ローンの借り換えである。またJPモルガンは、低・中所得世帯向けの低価格住宅の建設および修復のために 10億ドルの融資を承認し、多様な企業が所有または主導する MDI および CDFI に 1 億ドル以上の株式を投資し、年末までに 20 億ドルのフィランソロピー目標のうち 4 億ドル以上を割り当てる予定だ。

今後、JPモルガンは、住宅所有権、手頃な価格の賃貸住宅、中小企業、金融資産、労働力、コミュニティへの関与、多文化への関与といった主要分野に注力することを目指している。

【参照ページ】
(原文)JPMorgan Chase Provides an Update on its $30 Billion Racial Equity Commitment
(日本語訳)JPモルガン、1.5兆円以上を投じて人種間の公平性を促進

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る