医療機器メーカーのBD、ESG戦略を発表、2040年までにカーボンニュートラルを目指す

 

医療機器メーカーのベクトン・ディッキンソン(BD)は、サステナビリティに関する主要な課題に取り組み、イニシアチブを発揮するための新しいESG戦略「Together we Advance」を発表した。この新しい枠組みの下で、BDは2040年までに直接事業全体でカーボンニュートラルを達成するという目標を含む、一連のESG目標を設定することも発表した。

BDのESG戦略は、ガバナンスとレポーティングに焦点を当てた「Company Health」、環境フットプリントに焦点を当てた「Planet Health」、コミュニティとのコラボレーションと投資に焦点を当てた「Community Health」、革新的な新しいヘルスケア製品とソリューションを提供するための従業員のエンパワーメントに焦点を当てた「Human Health」の4つの柱に焦点を当てている。

また同社はカーボンニュートラルの目標に加え、「気候変動」、「製品の影響」、「責任あるサプライチェーン」、「健全な労働力とコミュニティ」、「透明性」の5つの重点分野を対象とした一連の2030年目標を発表した。この目標には、スコープ1および2の温室効果ガス排出量の削減、プラスチックおよび包装材の消費量とサプライチェーンにおけるプラスチックの影響への対応、サプライチェーンパートナーとの協力によるスコープ3排出量の定量化と削減、従業員の身体的、精神的、経済的な健康管理の実現、経営陣および役員の多様性の向上、TCFDやSASBなどのフレームワークに沿ったESG報告の実施などが含まれている。

【参照ページ】
(原文)BD Launches New ‘Together We Advance’ Environmental, Social, Governance Strategy; Announces 2030+ Goals to Enhance Stewardship of Human Health, Communities and the Planet
(日本語訳)医療機器メーカーのBD、ESG戦略を発表、2040年までにカーボンニュートラルを目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る