CBI、気候債券レジリエンス分類法策定

2月20日、国際グリーンボンド基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は、気候債券レジリエンス分類法(CBRT)を策定していることを発表した。本イニシアティブは、気候レジリエンス投資の強固な分類体系を確立し、適応とレジリエンス投資の定義と特定において、一貫性、透明性、体系的なアプローチを提供することを目的としている。

CBRTの策定では、CBIにレジリエンス分類法アドバイザリーグループ(RTAG)が設けられている。RTAGは定期的に会合を開き、CBRTを洗練させ、過去12ヶ月間にクライメートボンドが開発したレジリエンスの定義と概念を前進させる。2024年7月には、CBRTのプロトタイプの立ち上げを予定している。

RTAGでは、以下7つのテーマでタクソノミーを開発している。

  • レジリエントな農業食糧システム
  • レジリエントな健康
  • レジリエント・インフラストラクチャー
  • レジリエント・シティ
  • レジリエント・コミュニティ
  • レジリエントな産業と商業
  • レジリエントな自然と生物多様性

CBRTプロトタイプは、これらの投資の適格基準を提案する予定であり、分類法開発の次のフェーズでさらなる検討が行われる。CBRTと並行して、包括的な原則と方法論を概説するガイダンス文書も発表する予定。

【参照ページ】
(原文)Closing the Resilience Financing Gap
(日本語参考訳)CBI、気候債券レジリエンス分類法策定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る