EV充電のスタートアップ企業Driveco、欧州ネットワーク構築のため約365億円を調達

EV充電のスタートアップ企業Driveco、欧州ネットワーク構築のため約365億円を調達

5月10日、フランスのEV充電スタートアップであるDrivecoは、オランダの年金基金運用会社APGから2億5,000万ユーロ(約365億円)の新たな資金調達を行い、フランスおよびヨーロッパにおける同社の存在感を高めることを発表した。

2010年に設立されたDrivecoは、フランスとベルギーで2番目に大きなEV用公共充電ポイント網を有している。当初はサードパーティーの充電ステーションを開発・運営していたが、2020年に自社製の充電ポイントへの移行を開始し、現在8,000基が稼働中または建設中となっている。

同社によれば、今回の資金調達は、地域プレゼンスの強化、国際展開の加速、技術革新戦略の強化という3つの戦略的方向性をサポートするもの。Drivecoは、2030年までに欧州7カ国に6万カ所以上の充電ポイントを開設し、年間120万台以上の自動車の充電を可能にし、年間300万トンのCO2排出を回避することを目指すと述べている。

【参照ページ】
(原文)DRIVECO RAISES €250 MILLION TO BECOME ONE OF THE EUROPEAN LEADERS IN ELECTRIC VEHICLE CHARGING INFRASTRUCTURE
(日本語参考訳)EV充電のスタートアップ企業Driveco、欧州ネットワーク構築のため約365億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る