BlackRock、Excelsior Energy Capitalからソーラーとストレージのポートフォリオを取得

3月12日、再生可能エネルギー・インフラ投資家のExcelsior Energy Capitalは、BlackRockによる38件の太陽光発電と蓄電池プロジェクトのポートフォリオの買収を発表した。

Excelsiorによると、BlackRockへの売却は、同社が設立したファンド「Excelsior Renewable Energy Investment Fund I LP」からの最初の出口となる。7年前に設立された同ファンドは、5億ドル(740億円)以上の資本コミットメントを集め、米国10州にわたる太陽光、風力、蓄電池プロジェクトに投資し、年間3,000GWh以上の再生可能エネルギーの発電を支援してきた。

買収したプロジェクト・ポートフォリオは、稼働中の太陽光・蓄電池分散型発電プロジェクトで構成され、総発電容量は89MWDCにのぼる。

今回のポートフォリオ買収は、BlackRockのEvergreen Infrastructure Partners Fundによって行われた。 2022年6月に設立された同ファンドは、中核的なオープンエンド型のインフラ株式ファンドで、輸送、デジタルインフラ、循環型経済などのテーマ分野に加え、エネルギー転換とエネルギー安全保障というテーマに沿った欧州と北米のインフラ事業への投資に焦点を当てている。BlackRockは最近、本ファンドの初回クローズで約10億ドル(約1,500億円)の顧客コミットメントを集めたと発表した。

BlackRockは最近、インフラ投資家GIPを125億ドル(約2兆円)で買収したほか、太陽エネルギーとエネルギー貯蔵の開発会社Recurrent Energyに5億ドル(740億円)を投資している。BlackRockは、12月に発表した「2024 Private Markets Outlook」の中で、インフラを投資機会の主要な源泉と位置づけ、低炭素移行を主要なメガテーマとし、世界中のエネルギー・システムを再構築するための「資本の大規模な再配分」を強調している。

【参照ページ】
(原文)Excelsior Energy sells solar assets from inaugural fund to BlackRock
(日本語参考訳)ブラックロック、エクセルシオール・エナジー・キャピタルからソーラーとストレージのポートフォリオを取得

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る