国連、ポスト2020年生物多様性枠組の第1次草案を発表

国連、ポスト2020年生物多様性枠組の第1次草案を発表

7月12日、国連生物多様性条約(CBD)事務局は、2030年までの世界の行動の指針となる新しい「グローバル生物多様性フレームワーク」の最初の公式草案を発表した。

このフレームワークには、2030年に向けた21のターゲットが含まれており、特に以下のことが求められている。

  • 全世界の陸地および海域の少なくとも30%(特に生物多様性とその人間への貢献にとって重要な地域)を、効果的かつ公平に管理され、保護区のシステムによって保全する
  • 侵略的外来種の導入率を50%以上削減し、その影響を排除または軽減するためにそのような種を管理または根絶する
  • 環境中に失われる栄養素を半分以上、農薬を3分の2以上削減し、プラスチック廃棄物の排出を無くす
  • 地球規模での気候変動緩和策に、自然をベースにして年間10Gt以上の貢献をし、すべての緩和策と適応策が生物多様性への負の影響を回避する
  • 生物多様性に有害なインセンティブを、公正かつ公平な方法で、方向転換、再利用、改革、廃止し、年間5,000億ドル以上削減する
  • あらゆる資金源から途上国への国際的な資金の流れを毎年2,000億米ドル以上増加させる

【参照ページ】1st Draft of The Post-2020 Global Biodiversity Framework

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る