SAP、トップサプライヤーに対し2027年までに製品レベルの排出量報告を要請

SAP、トップサプライヤーに対し2027年までに製品レベルの排出量報告を要請

7月24日、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア大手のSAPは、上流のバリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)排出量を大幅に削減することを目的とした、複数段階のサプライチェーン・エンゲージメント・プログラムを2024年までに確立する計画であると発表した。 サプライヤーは、2027年までに主要製品の全社および製品レベルの排出量を報告することになる。

本発表は、SAPが2022年発表した、2030年にバリューチェーン全体でネット・ゼロ排出量を達成するというコミットメントに続くもの。同社はネット・ゼロを達成し、カーボンニュートラルな製品とサービスを提供するために主要サプライヤーとの関与を強化することを約束していた。

SAPの2022年統合報告書によると、スコープ3の排出量は同社の総バリューチェーン排出量の約97%を占め、そのうちの16%は購入した商品やサービスなどの上流カテゴリーからのもの。

同社は、上位100社のサプライヤーと協力して製品レベルの排出量を報告、記録すると述べた。

SAPは、排出量データの収集に加え、新たな取り組みプログラムの一環として調達プロセス全体に環境への配慮を組み込むと発表。新たなサステナビリティ分類システムを統合し、調達文書に環境影響基準を組み込む計画もあるという。

【参照ページ】
(原文)SAP Focuses on Key Suppliers to Reduce Carbon Emissions
(日本語訳)SAP、トップサプライヤーに対し2027年までに製品レベルの排出量報告を要請

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る