SAP、トップサプライヤーに対し2027年までに製品レベルの排出量報告を要請

SAP、トップサプライヤーに対し2027年までに製品レベルの排出量報告を要請

7月24日、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア大手のSAPは、上流のバリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)排出量を大幅に削減することを目的とした、複数段階のサプライチェーン・エンゲージメント・プログラムを2024年までに確立する計画であると発表した。 サプライヤーは、2027年までに主要製品の全社および製品レベルの排出量を報告することになる。

本発表は、SAPが2022年発表した、2030年にバリューチェーン全体でネット・ゼロ排出量を達成するというコミットメントに続くもの。同社はネット・ゼロを達成し、カーボンニュートラルな製品とサービスを提供するために主要サプライヤーとの関与を強化することを約束していた。

SAPの2022年統合報告書によると、スコープ3の排出量は同社の総バリューチェーン排出量の約97%を占め、そのうちの16%は購入した商品やサービスなどの上流カテゴリーからのもの。

同社は、上位100社のサプライヤーと協力して製品レベルの排出量を報告、記録すると述べた。

SAPは、排出量データの収集に加え、新たな取り組みプログラムの一環として調達プロセス全体に環境への配慮を組み込むと発表。新たなサステナビリティ分類システムを統合し、調達文書に環境影響基準を組み込む計画もあるという。

【参照ページ】
(原文)SAP Focuses on Key Suppliers to Reduce Carbon Emissions
(日本語訳)SAP、トップサプライヤーに対し2027年までに製品レベルの排出量報告を要請

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る