EU、5億トンの温室効果ガス排出を削減する新規制を採択

EU、5億トンの温室効果ガス排出を削減する新規制を採択

1月29日、欧州理事会は、フッ素系ガス(Fガス)やオゾン層破壊物質(ODS)を含む強力な温室効果ガスの段階的削減を目的とした新規制を採択したと発表した。

欧州委員会の声明によると、新規則は2050年までにCO2換算で5億トンの排出を削減することになり、これはフランスとベルギーの年間排出量の合計にほぼ匹敵する。

フッ素系ガスおよびODSは、さまざまな産業用途で使用されており、冷凍、空調、ヒートポンプ機器などの家電製品にも含まれている。これらの物質は非常に強力な温室効果ガスであり、地球温暖化係数はCO2の数千倍から数万倍にもなる。

新しい規制では、Fガス排出量の約90%を占めるハイドロフルオロカーボン(HFC)の消費量を2050年までに全廃し、2030年までに2015年基準で95%削減する。この法律には、地球温暖化係数の高いガスを含む旧式の設備がEU域外の国に販売されないようにするための輸出禁止も含まれており、また、気候変動に配慮した代替ガスの使用に対するインセンティブも提供される。同規則はまた、破壊、リサイクル、再生のためにODSを回収する要件を、建材、冷凍、空調、ヒートポンプ機器、溶剤を含む機器や防火システム、消火器などの分野にも拡大している。

新規則は、EUの官報に掲載されてから20日後、EU理事会とEU議会が規則に署名した後に発効する。

【参照ページ】
Fluorinated gases and ozone-depleting substances: Council greenlights new rules to reduce harmful emission

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る