Amazon、欧州での鉄道・海上輸送を50%増加 配送時の排出量を削減

12月4日、Amazonは、2023年にヨーロッパで鉄道と海上輸送の利用を50%拡大し、CO2排出量を大幅に削減するとともに、顧客への配送や在庫の移動を迅速化したことを明らかにした。

Amazonは、バリューチェーン全体で2040年までに炭素排出量をネット・ゼロにするという目標を掲げている。スコープ3の排出、つまり同社が直接管理できないバリューチェーンに由来する排出は、同社の排出フットプリントの4分の3以上を占めている。最近発表されたAmazonのサステナビリティ報告書の中で、同社は、売上高が9%増加したにもかかわらず、2022年にスコープ3の排出量を0.7%削減することに成功したことを明らかにした。

Amazonによると、荷物や在庫の輸送に鉄道や海上ルートを利用することで、CO2排出量を50%近く削減できるという。同社は現在、カーゴ・ビーマー、VIIa、メルキタリア・グループ、グリマルディ、ステナ・ライン、DFDSなど、ヨーロッパの鉄道・海上輸送会社との提携により、100以上の鉄道レーンと300以上の海上ルートで商品を配送しているという。

Amazonによると、異なる輸送モード間を柔軟に移動するため、船舶、貨物列車、トラック間で簡単に移動できるトレーラーを使用している。また、海上輸送や鉄道輸送と道路輸送を組み合わせたルートでは、トレーラーが鉄道や海上で最長の距離を移動するようにルートを計画していると同社は述べる。

【参照ページ】
(原文)Amazon has grown its use of rail and sea transportation in Europe by 50% in 2023
(日本語参考訳)Amazon、欧州での鉄道・海上輸送を50%増加。配送時の排出量を削減

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る