Amazon、欧州での鉄道・海上輸送を50%増加 配送時の排出量を削減

12月4日、Amazonは、2023年にヨーロッパで鉄道と海上輸送の利用を50%拡大し、CO2排出量を大幅に削減するとともに、顧客への配送や在庫の移動を迅速化したことを明らかにした。

Amazonは、バリューチェーン全体で2040年までに炭素排出量をネット・ゼロにするという目標を掲げている。スコープ3の排出、つまり同社が直接管理できないバリューチェーンに由来する排出は、同社の排出フットプリントの4分の3以上を占めている。最近発表されたAmazonのサステナビリティ報告書の中で、同社は、売上高が9%増加したにもかかわらず、2022年にスコープ3の排出量を0.7%削減することに成功したことを明らかにした。

Amazonによると、荷物や在庫の輸送に鉄道や海上ルートを利用することで、CO2排出量を50%近く削減できるという。同社は現在、カーゴ・ビーマー、VIIa、メルキタリア・グループ、グリマルディ、ステナ・ライン、DFDSなど、ヨーロッパの鉄道・海上輸送会社との提携により、100以上の鉄道レーンと300以上の海上ルートで商品を配送しているという。

Amazonによると、異なる輸送モード間を柔軟に移動するため、船舶、貨物列車、トラック間で簡単に移動できるトレーラーを使用している。また、海上輸送や鉄道輸送と道路輸送を組み合わせたルートでは、トレーラーが鉄道や海上で最長の距離を移動するようにルートを計画していると同社は述べる。

【参照ページ】
(原文)Amazon has grown its use of rail and sea transportation in Europe by 50% in 2023
(日本語参考訳)Amazon、欧州での鉄道・海上輸送を50%増加。配送時の排出量を削減

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る