CREA、2024年に中国の二酸化炭素排出量が減少に転じる可能性を示唆

11月13日、フィンランドの環境シンクタンクである「エネルギー・クリーンエア研究センター(CREA)」は、中国の二酸化炭素排出量が2024年に減少に転じる可能性があるとの見方を発表した。足元で低炭素エネルギー源の導入が記録的に増加しており、これによって構造的な転換が生じる可能性があるとの評価である。

CREAは、中国の様々な統計データをもとに、排出量の動向を分析している。2023年の第3四半期における中国の排出量は前年同期比で4.7%増加したものの、新型コロナウイルス・パンデミックからの経済回復が主な要因とされている。一方で、不動産不況の影響により、鉄鋼やセメントなどの需要が減少しており、これによって生産が減少する見込みとされている。

エネルギーの供給面では、風力発電や太陽光発電などの低炭素発電設備が記録的に増加していることが挙げられる。また、水力発電も2022年と2023年の旱魃から回復し、発電量が回復していると報告されている。同時に、太陽光発電、EV、バッテリーなどの生産能力への投資も急増しているとされている。

【参照ページ】
(原文)Analysis: China’s emissions set to fall in 2024 after record growth in clean energy
(日本語参考訳)分析 中国の排出量は、クリーンエネルギーが記録的な伸びを示した後、2024年には減少する。

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る