BNPパリバ、冶金用石炭採掘への融資を終了

BNPパリバ、冶金用石炭採掘への融資を終了

11月23日、BNPパリバは、冶金用石炭採掘プロジェクトに対する融資を停止すると発表した。

Transition Pathway Initiativeによると、冶金用石炭は鉄鋼製造の主要原料であり、製鉄プロセスで使用される高炉に電力を供給し、業界のカーボンフットプリントの大部分を占めている。

BNPパリバは、鉱業セクターの方針更新の一環として、本誓約に加え、一般炭の採掘プロジェクトや一般炭専用のインフラ・プロジェクトには、いかなる金融商品やサービスも提供しないというコミットメントを発表した。

また、2030年までに、石油の採掘と生産に対する融資を80%以上、ガスの採掘と生産に対する融資を30%以上削減し、その日までにエネルギー融資活動の80%を低炭素エネルギーの生産に移行することを約束した。

【参照ページ】
(参考記事)BNP Paribas shuts out mining clients tied to metallurgical coal

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る