EYとアスペンテック、産業・エネルギー分野のサステナビリティソリューションで提携

 

11月27日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるEYと産業用ソフトウェア・プロバイダーであるアスペン・テクノロジーは、産業・エネルギー市場のクライアントがサステナビリティ目標を達成しながら資源需要を満たせるよう支援することを目的とした新たな提携を発表した。

両社によると、新たな提携は、電力・公益事業、石油・ガス、化学・先端材料、工業製品、鉱業・金属などの分野の企業を対象に、EYのテクノロジーとサービス能力を、アスペンテックのサプライチェーンの最適化、資産ライフサイクルの改善、税務能力、排出削減とエネルギー効率の管理、ユーティリティ・グリッドのオーケストレーションのサポートなどのソリューションと融合させる。

両社は、本提携のもとで提供される一連の機能により、企業は「迅速かつ効果的にエネルギー転換を進め、再生可能エネルギーの台頭を受け入れると同時に、運用収益性を高め、グリッド管理を近代化し、二酸化炭素排出量を削減する」ことが可能になると付け加えた。

【参照ページ】
(原文)EY announces alliance with Aspen Technology to support clients’ sustainability initiatives, improve manufacturing operations and modernize utility grids
(日本語参考訳)EYとアスペンテック、産業・エネルギー分野の持続可能性ソリューションで提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る