Holcim、スイスフラン市場で2種類のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行

Holcim、スイスフラン市場で2種類のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行

1月19日、大手建材メーカーのHolcimは、2種類のサステナビリティ・リンク・ボンドの発行により、総額4億2500万スイスフラン(約465億円)を調達し、負債コストを同社の気候変動に関する目標に関連付けると発表した。本債券はスイスフラン市場において初のサステナビリティ・リンク・ボンドとなる。

今回発行された2つの債券は3億2500万スイスフラン(約369億円)と1億スイスフラン(約113億円)を調達し、それぞれ2026年と2032年に満期を迎え、年率0.35%と0.90%のコストで発行された。

サステナビリティ・リンク・ボンドは、サステナブル金融商品の中で最も急速に成長している形態で、発行体の特定のサステナビリティ目標の達成度に連動した利払いなどの特性を備えている。昨年、Holcimは建材業界で初めてサステナビリティ・リンク債を発行し、2030年までにセメント原料1トン当たりのCO2排出量を475kgにするという同社の目標に連動して8億5千万ユーロ(約1,095億円)を発行した。

Holcimは、今回の発表が同社の成長戦略「Strategy 2025 – Accelerating Green Growth」の一環として、2024年までに持続可能な資金調達の割合を40%にするというコミットメントにとっても重要なステップであり、その主要ドライバーは革新的建築ソリューションによる成長の加速であると述べている。

【参照ページ】HOLCIM LAUNCHES FIRST SUSTAINABILITY-LINKED BONDS IN SWISS FRANC MARKET

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る