Citi、排出量削減の中間目標を設定。全クライアントのネット・ゼロ移行支援にコミット

Citi、排出量削減の中間目標を設定。全クライアントのネット・ゼロ移行支援にコミット

1月20日、グローバルな金融サービス企業であるCitiは、2050年の温室効果ガス(GHG)ネット・ゼロの融資目標を達成するための計画の重要な部分を形成する、排出集約型のエネルギーおよび電力セクターにおける融資による排出削減の新しい中間目標を発表した。

Citiは、エネルギー・ポートフォリオの絶対排出量を29%削減すること、および電力セクターのポートフォリオの排出量原単位を63%削減することを約束した。

今回発表された新しい目標は、Citiの年次報告書「Task Force on Climate-related Financial Disclosures (TCFD)」に掲載され、事業戦略や情報開示の取り組みに気候リスクや機会の特定を取り入れる進捗状況の概要も併せて発表された。

TCFD報告書には、CitiのCEOであるJane Fraserの書簡が含まれ、同行の気候変動・持続可能な金融戦略の主要な側面を強調し、顧客のネット・ゼロへの移行を支援し、クリーンエネルギーソリューションに融資することを誓っている。

Fraser は2021年3月にCitiのCEOに就任し、就任初日に2050年の温室効果ガス(GHG)融資目標をネット・ゼロにすることを約束した。4月、シティは気候に関する公約に続き、2030年までに環境金融への5,000億ドル(約56兆円)の投入を含め、1兆ドルの持続可能な金融を促進することを目標に掲げた。

さらに最近、Fraser は顧客が排出量を測定・報告し、資産の気候プロファイルを改善する計画を提供することを期待すると述べ、顧客がより持続可能な環境影響形態に移行する進捗状況は、当行の提供するサービスに影響を及ぼすと警告している。

Fraserはまた、社会的な悪影響や不平等を悪化させないために、世界のさまざまな地域で異なる発展段階を考慮し、特にエネルギーや資源へのアクセスが限られている発展途上国における世界のエネルギー需要を考慮し、銀行が責任ある移行を確実に支援することの重要性を強調した。

【参照ページ】
Taskforce on Climate-Related Financial Disclosures Report 2021

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る