Net-Zero Banking Alliance、加盟銀行が100社を突破

Net-Zero Banking Alliance、加盟銀行が100社を突破

1月19日、Net-Zero Banking Allianceは、ネット・ゼロのコミットメントに100社目の署名社を迎えたことを発表した。ナショナルオーストラリア銀行(NAB)が加わったことで、本アライアンスは40カ国、世界の銀行資産の43%以上を代表する100以上のメンバーで構成されることになった。

2021年4月の発足以来、銀行セクターの多くの割合が同アライアンスの支援の下に招集され、メンバーはパリ協定で示された1.5℃の温暖化限界に合わせた融資と投資活動を行うことを約束している。同アライアンスは、国際的に一貫した枠組みとガイドラインを提供し、先駆的な銀行からのピアラーニングに支えられながら、メンバーの脱炭素化戦略の実施を強化、加速、支援していくとしている。

2022年秋には、多くの加盟銀行が2030年の中間目標の第一弾を提出する予定である。目標設定を支援するために、アライアンスのワークトラックは2022年にセクター別の脱炭素化および実施経路のための最初のガイダンスを発表する予定である。

同アライアンスは、引き続き会員数を増やし、世界の銀行セクター全体から多様な地域代表を育成していく。さらに、アライアンスは、ネット・ゼロのためのグラスゴー金融同盟の銀行部門として、また、責任ある銀行業務のための原則の気候変動に焦点を当てた部門として協調するとしている。

【参照ページ】
(原文)NET-ZERO BANKING ALLIANCE PASSES THE 100-MEMBER MARK
(日本語訳)Net-Zero Banking Alliance、加盟銀行が100社を突破

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る