WRI、 消費者の水使用に関する目標設定でP&Gと協力

10月20日、国際資源研究所(WRI)は、下流サプライチェーンでの水資源目標に関してP&Gの事例を発表した。目標設定手法の開発にはWRIも協力している。

水に関する目標設定は、企業のサステナビリティにおいて増加傾向にあるが、業務上および上流での水目標は、バリューチェーンの生産段階における水のリスクと影響に対処するものでしかないと指摘。石鹸、シャンプー、歯磨き粉、洗濯用洗剤、食器用洗剤、その他の消費財製品は、製造時に多くの水を必要とするが、消費者が使用する際にはさらに多くの水を必要とすることが多い。P&Gのバリューチェーン全体における取水量の96%は、消費者が製品を使用する際に下流で発生し、原材料生産は3%、直接事業は1%にとどまる。

世界の水需要を満たすためには、2030年までに、現在利用可能な供給量を56%上回る水、つまり需要の56%削減が必要となる見通し。これを受けWRIは、水問題への対処には、川下での水使用目標が不可欠であるとした。

水ストレスの増大は、企業の収益にとっても問題であると言及。2016年、ユニリーバはCDPに対し、ブラジルの2015年の干ばつによりサンパウロの消費者がシャワーや洗濯の頻度を減らしたと報告。この行動変化により、パーソナルケア製品やホームケア製品の売上が減少している。2017年の世界銀行の報告書では、企業にもよるが、断水は8.7%から34.8%の売上減少につながると推定している。

今回、川下における水使用量の目標を設定している企業モデルとして、P&Gの事例を紹介した。P&GはWRIと協力して、消費者の水使用に対応する定量的な水再生目標を設定した。P&Gは、メキシコシティを囲むモクテスマ流域と、米国ロサンゼルス市の大部分を含むカレグアス流域の2つの優先流域において、2030年までに自社製品の使用で消費される水の110%を回復させることを目指している。P&Gが事業を展開する水ストレスの高い18の流域で、製品使用時に消費される総水量の50%以上に相当する。

P&GとWRIが開発した目標設定手法では、消費者の水使用による影響をモデル化し、同社の市場・出荷データ、消費者習慣に関する調査、公表文献を組み合わせ、14の製品カテゴリーにおけるP&Gの消費者の水使用量を推定。蒸発水や屋内漏水による損失水も考慮した。

目標設定の対象とする流域では、同社の製造ポートフォリオと主要消費者市場を、WRIの水リスク分析ツール「Aqueduct」と照らし合わせて優先順位を決定した。さらに、WRIはP&Gのためにリスクアセスメントを実施し、主要施設と消費者市場が慢性的に高い水ストレスにさらされている流域をマッピングした。7カ国にまたがる18の優先流域が特定され、最終的に18流域の総水量の半分以上を占める2つの流域を目標設定対象として選定した。

【参照ページ】
(原文)The Next Phase of Corporate Sustainability: Addressing Consumer Water Use
(日本語参考訳)WRI、 消費者の水使用に関する目標設定でP&Gと協力

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る