Iberdrola、生物多様性計画を発表

Iberdrola、生物多様性計画を発表 

12月12日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるIberdrolaは、2030年までに事業を展開する地域の生態系と生物種にネット・ポジティブの影響を与えることを誓った、新しい「生物多様性計画」を開始したことを発表した。同社の環境担当取締役であるエミリオ・テヘドルは、モントリオールで開催された世界生物多様性サミット(COP15)で同計画を発表した。

Iberdrolaの生物多様性計画は、施設の建設・運営・廃止に伴う生態系や生物種へのプラス・マイナスの影響を定量化するための会計フレームワークの確立、新たな目標を達成するための生物多様性の保全・再生活動の強化、社内のすべての戦略立案・意思決定プロセスに生物多様性を組み込むという、3本の柱を据えたものである。

これらの取り組みの一環として、Iberdrolaは、2025年に全技術の資産の行動計画を評価・見直し、2030年までに全世界の100%の施設の計画策定を見直すという目標を設定した。

同社は、森林生態系の保全と回復を通じた生物多様性の促進に焦点を当てた「ツリープログラム」、米国におけるオオカバマダラ保護戦略との合意、風力発電所の鳥類保護対策など、再生可能エネルギーとグリッドプロジェクトの開発と生物多様性保全を組み合わせた一連の行動とイニシアティブを概説した。Iberdrolaは、全体で年間750以上の生物多様性保全のための行動を実施しているという。

【参照ページ】
(原文)We presented our plan to achieve positive impact by 2030 at the World Biodiversity Summit in Canada

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る