ECB、気候・環境リスク管理の期限を銀行に提示

ECB、気候・環境リスク管理のための期限を銀行に提示

11月2日、欧州中央銀行(ECB)は、銀行が気候変動リスクおよび環境リスクに対処するための一連の期限を発表した。

新たな期限は、銀行の戦略、ガバナンスおよびリスク管理の枠組みに関するECBのテーマ別レビューの結果発表とともに発表された。本レビューは銀行が気候リスクおよび生物多様性の損失などの環境リスクを適切に特定・管理しているかどうかを検証したもので、ECBの直接監督下にある「重要な銀行」と各国当局の監督下にある「重要度の低い銀行」を含む186の銀行を対象としている。

本レビューでは、多くの銀行が基本的な手法を導入している一方で、85%が気候・環境リスクに関する高度な手法と詳細な情報を有していないこと、また、銀行はこれらのリスクの幅と大きさを大幅に過小評価しており、96%がリスクの特定に「盲点」があることが明らかになった。

この結果を受け、ECBは、2020年の 「気候関連および環境リスクに関するガイド」で示した監督上の期待に銀行が完全に対応するために、機関別の期限を設定した。ECBはまた、2023年3月までに気候・環境リスクが事業活動に与える影響について包括的な重要性評価を実施すること、2023年末までに気候・環境リスクをガバナンス、戦略、リスク管理に組み込むこと、2024年末までに気候・環境リスクをストレステストの枠組みに組み込むことなど、すべての銀行が到達すべき最低限のマイルストーンを提示した。

ECBは、期限を注意深く監視するとし、必要であれば強制措置を取ると警告している。

【参照ページ】
(原文)ECB sets deadlines for banks to deal with climate risks (europa.eu)
(日本語訳)ECB、銀行が気候リスクに対処する期限を設定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る