IFRS・IASB・ISSB、統合報告フレームワークの採用を奨励

5月25日、国際財務報告基準審議会(IFRS)、国際会計基準審議会(IASB)及び国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、ESGと財務報告の統合に向けた新たな一歩として、価値報告財団(VRF)を統合し、その基準設定プロジェクトと要件に統合報告フレームワークを組み込む計画を発表した。

本計画の一環として、IASBとISSBを統括するIFRS財団は、作成者が統合報告フレームワークを継続的に採用し、サステナビリティ関連の開示と財務報告との関連性を高めることを積極的に奨励するとともに、組織へのサステナビリティビジネスの実践を支援する目的で、統合思考原則の利用を提唱していく予定である。

国際統合報告評議会(IIRC)は、規制当局、投資家、企業、基準設定主体、会計専門家、学界、NGOによるグローバルな連合体として設立され、統合報告および統合思考を官民における標準として主流のビジネス慣行の中に確立することを使命としている。IIRCは、統合企業報告を管理するための指導原則と内容要素のセットである「統合報告フレームワーク」を開発した。また、IIRCは、組織が使用する、あるいは影響を与える資源や関係、そして価値が創造される際のそれらの間の依存関係やトレードオフについて総合的に考えることを通じて、取締役会や経営者による意思決定や行動を強化し、価値の創造方法に関する理解の向上を促進するために、組織による「統合思考」アプローチを推進している。

2021年、IIRCはサステナビリティ会計基準委員会(SASB)と統合して価値報告財団(VRF)を立ち上げ、その後、ISSBの立ち上げに際してIFRS財団への統合を発表した。

新しい計画の下、IASBとISSBの議長は、企業報告フレームワークの長期的な役割にコミットし、企業に統合報告書の作成に関するガイダンスを提供し、IASBとISSBの報告要件間の接続性をサポートし、接続され全体的かつまとまった企業報告を可能にすると発表している。

【参照ページ】
(原文)Integrated Reporting—articulating a future path

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る