Renault Trucks、車両の「解体工場」を立ち上げ、循環型経済への取り組みを強化

Renault Trucks、循環型経済への取り組みを強化するため、車両の「解体工場」を立ち上げ

8月31日、ボルボ・グループのRenault Trucksは、トラックのリサイクルと部品・原材料の再利用を目的とした「解体工場」である「中古部品工場」の設立を発表した。同社は、使用済みトラックをリサイクルし、スペアパーツを再利用する計画を発表しており、新施設は、同社の事業を循環型経済アプローチに移行するためのステップの一部を成すと述べている。

フランスのリヨン・ヴェニシューにある同社の製造施設を拠点とする3000㎡の新工場では、走行距離の多い中古車や再利用が可能な部品を取り扱う予定だ。使用済みトラックは工場で解体され、エンジン、ギアボックス、キャビン、燃料タンク、バンパー、デフレクターなど、再利用が可能な部品が取り外される。点検・清掃後、近くのルノー・トラックのスペアパーツ店に送られ、「Used Parts by Renault Trucks」ラベルを付けて販売される。トラックのその他の部品は、新車の製造に使用できる金属を含めてリサイクルされる。

【参考ページ】
(原文)CIRCULAR ECONOMY: RENAULT TRUCKS ANNOUNCES THE CREATION OF ITS DISASSEMBLY PLANT, THE USED PARTS FACTORY
(日本語訳)循環型経済:ルノー・トラック、解体工場「ユーズド・パーツ・ファクトリー」の設立を発表

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る