スターバックス、ブラジルにコーヒー栽培のための農家支援センターを開設

スターバックス、ブラジルにコーヒー栽培のための農家支援センターを開設

8月17日、スターバックスはブラジルにコーヒー栽培のための農家支援センターを開設したと発表した。
同センターは、世界では10番目となるファーマーサポートセンターとなる。

スターバックスは、コーヒー生産者の生活向上のために、地元の生産者やサプライヤー、関係機関と協力して、この地域が直面している環境的・社会的な課題について学び、高度な栽培技術を習得し、生産者を支援するための長期的な解決策を共同で検討していく取り組みをしており、今回の発表もその一環。

【参照ページ】
(原文)Starbucks Opens Farmer Support Center in Brazil for Coffee Growing
(日本語訳)スターバックス、ブラジルにコーヒー栽培のための農家支援センターを開設

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る