S&Pグローバル、気候クレジット分析ソリューションに物理的リスク評価を追加

10月25日、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスと経営コンサルティングファームOliver Wymanは、気候変動に対する企業やポートフォリオの物理的・財務的エクスポージャーを顧客が理解・管理できるようにすることを目的とした「クライメート・クレジット・アナリティクス」ソリューションに、気候関連の物理的リスクを追加したことを発表した。

S&PグローバルとOliver Wymanは、金融機関や企業が気候変動や低炭素経済への移行が取引先や投資先の信用力にどのような影響を与えるかを評価するためのソリューションとして、2021年6月にクライメート・クレジット・アナリティクスを発表している。本ソリューションは、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのクレジット・アナリティクスのリスクモデルと業界固有のデータセットを、Oliver Wymanの気候シナリオおよびストレステスト機能と組み合わせることで、気候シナリオを企業レベルでのシナリオ調整後の財務およびスコアに変換する。

今回の機能強化により、クライメート・クレジット・アナリティクスは、4つのCMIP6気候変動シナリオに基づき、7つの気候変動関連ハザードの範囲にマッピングされた、2万社以上の企業の物理的リスク・エクスポージャーと関連する財務情報を提供するS&Pグローバル・サステイブル1データを含むことになる。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Market Intelligence and Oliver Wyman Enhance Climate Credit Analytics with Addition of Climate-related Physical Risks
(日本語参考訳)S&Pグローバル、気候クレジット分析ソリューションに物理的リスク評価を追加

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る