S&Pグローバル、気候クレジット分析ソリューションに物理的リスク評価を追加

10月25日、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスと経営コンサルティングファームOliver Wymanは、気候変動に対する企業やポートフォリオの物理的・財務的エクスポージャーを顧客が理解・管理できるようにすることを目的とした「クライメート・クレジット・アナリティクス」ソリューションに、気候関連の物理的リスクを追加したことを発表した。

S&PグローバルとOliver Wymanは、金融機関や企業が気候変動や低炭素経済への移行が取引先や投資先の信用力にどのような影響を与えるかを評価するためのソリューションとして、2021年6月にクライメート・クレジット・アナリティクスを発表している。本ソリューションは、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのクレジット・アナリティクスのリスクモデルと業界固有のデータセットを、Oliver Wymanの気候シナリオおよびストレステスト機能と組み合わせることで、気候シナリオを企業レベルでのシナリオ調整後の財務およびスコアに変換する。

今回の機能強化により、クライメート・クレジット・アナリティクスは、4つのCMIP6気候変動シナリオに基づき、7つの気候変動関連ハザードの範囲にマッピングされた、2万社以上の企業の物理的リスク・エクスポージャーと関連する財務情報を提供するS&Pグローバル・サステイブル1データを含むことになる。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Market Intelligence and Oliver Wyman Enhance Climate Credit Analytics with Addition of Climate-related Physical Risks
(日本語参考訳)S&Pグローバル、気候クレジット分析ソリューションに物理的リスク評価を追加

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る