米国、OxyとClimeworksの炭素除去プロジェクト開発に約1,745億円を助成

米国、OxyとClimeworksの炭素除去プロジェクト開発に約1,745億円を助成

8月11日、米エネルギー省は、エネルギー大手Occidental’s (Oxy)の炭素回収プラットフォーム1PointFiveと、炭素除去クリーンテック企業Climeworksによる、大気中から数百万トンのCO2を回収・貯蔵できる直接空気回収(DAC)施設の開発を支援するため、最大12億ドル(約1,745億円)の助成金を受ける2つのプロジェクトを選定したと発表した。

今回の助成は、人工的な炭素除去への投資としては過去最大規模となる。

DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から二酸化炭素を直接抽出して原料として利用、貯蔵と組み合わせて永久的に除去することを可能にする。昨年発表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の画期的な気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオには、今後数十年にわたって年間数十億トンに拡大する二酸化炭素除去方法が含まれており、DACはその大部分を占める可能性がある。

CO2を回収・貯留するソリューションのほとんどは初期段階にあり、DACを含め、現在のところ規模が限られている。DOEによると、選定されたプロジェクトは、世界のDAC能力を飛躍的に向上させるもので、合計で年間200万トン以上のCO2を除去し、現在稼働している最大のDAC施設の250倍以上の二酸化炭素を除去することができるという。

DOEは、これらのプロジェクトの開発を支援することは、「将来の公共部門と民間部門の投資に情報を提供し、地球規模で気候危機に対処するために重要な新産業を立ち上げるのに役立つ」と付け加えた。

【参照ページ】
(原文)Biden-Harris Administration Announces Up To $1.2 Billion For Nation’s First Direct Air Capture Demonstrations in Texas and Louisiana
(日本語参考訳)米国、OxyとClimeworksの炭素除去プロジェクト開発に約1,745億円を助成

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る