Energy Dome、エネルギー貯蔵ソリューションの世界展開に向け80億円超を調達

7月20日、エネルギー貯蔵スタートアップのEnergy Domeは、シリーズB資金調達ラウンドの第2弾で5,500万ユーロ(約87億円)を調達したと発表した。本調達資金は、ユーティリティスケールの貯蔵ソリューションであるCO2バッテリーの世界的な商業化の規模拡大を目的としている。

2019年に設立され、イタリア・ミラノを拠点とするEnergy Domeは、CO2バッテリーを用いて太陽光発電や風力発電を配電可能にすることで、再生可能エネルギーの利用拡大を可能にする。熱力学的プロセスを利用して、CO2を常温のエネルギー貯蔵流体として使用する。CO2が温まって膨張し、タービンを回して発電するとエネルギーを供給し、必要に応じてグリッドに配電する。

今回の資金調達ラウンドの第一弾は今年初めに行われ、2022年6月に完了した1,100万ドル(約15.5億円)の転換資金調達ラウンドにも続くものである。

同社によると、本資金調達ラウンドは、世界規模での本格的な商業化を支援するもので、5大陸で電力会社、独立系発電事業者、企業向けに9GWh以上のプロジェクト・パイプラインを手がける同社の成長を加速させる。

本資金調達ラウンドには、Innovation Development Oman Investments、Vopak Ventures、インパクト投資顧問会社Saganaが代表を務める投資家らが新たに参加した。既存の投資家としては、CDP Venture Capital、Green Transition Fund、360 Capitalが参加した。

【参照ページ】
(原文)Energy Dome Expands Oversubscribed Series B Financing Round, Totalling EUR 55 Million (USD 60M)
(日本語訳)Energy Dome、エネルギー貯蔵ソリューションの世界展開に向け80億円超を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る