Energy Dome、エネルギー貯蔵ソリューションの世界展開に向け80億円超を調達

7月20日、エネルギー貯蔵スタートアップのEnergy Domeは、シリーズB資金調達ラウンドの第2弾で5,500万ユーロ(約87億円)を調達したと発表した。本調達資金は、ユーティリティスケールの貯蔵ソリューションであるCO2バッテリーの世界的な商業化の規模拡大を目的としている。

2019年に設立され、イタリア・ミラノを拠点とするEnergy Domeは、CO2バッテリーを用いて太陽光発電や風力発電を配電可能にすることで、再生可能エネルギーの利用拡大を可能にする。熱力学的プロセスを利用して、CO2を常温のエネルギー貯蔵流体として使用する。CO2が温まって膨張し、タービンを回して発電するとエネルギーを供給し、必要に応じてグリッドに配電する。

今回の資金調達ラウンドの第一弾は今年初めに行われ、2022年6月に完了した1,100万ドル(約15.5億円)の転換資金調達ラウンドにも続くものである。

同社によると、本資金調達ラウンドは、世界規模での本格的な商業化を支援するもので、5大陸で電力会社、独立系発電事業者、企業向けに9GWh以上のプロジェクト・パイプラインを手がける同社の成長を加速させる。

本資金調達ラウンドには、Innovation Development Oman Investments、Vopak Ventures、インパクト投資顧問会社Saganaが代表を務める投資家らが新たに参加した。既存の投資家としては、CDP Venture Capital、Green Transition Fund、360 Capitalが参加した。

【参照ページ】
(原文)Energy Dome Expands Oversubscribed Series B Financing Round, Totalling EUR 55 Million (USD 60M)
(日本語訳)Energy Dome、エネルギー貯蔵ソリューションの世界展開に向け80億円超を調達

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る