ヴァージン・アトランティック航空、史上初の100%SAFによる大西洋横断便を運航予定

7月20日、ヴァージン・アトランティック航空が率いるコンソーシアムは、100%SAFを使用した史上初の大西洋横断飛行を2023年11月28日に予定していると発表した。

本フライトは、ボーイング787ドリームライナーで行われ、ロンドン・ヒースロー空港からニューヨークJFK空港まで飛行する。

本コンソーシアムには、ロールスロイス、ボーイング、シェフィールド大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ロッキーマウンテン研究所が参加し、英国政府の運輸省から資金援助を受けている。

本発表は、2023年末までに100%SAFを使用した、史上初のネット・ゼロ・エミッションの大西洋横断便を実現するという英国政府の昨年の公約に続くものである。12月にはヴァージン・アトランティック航空が本フライトを運航するための資金提供を受けるべく、コンペを勝ち抜いたと政府が発表した。

燃料は航空部門の排出量の大部分を占めている。一般的に、廃油や農業残渣のような持続可能な資源から生産され、SAFの生産者は、この燃料が従来の燃料に比べてライフサイクルGHG(温室効果ガス)排出量を85%も削減できると見積もっている。

しかし、航空会社によるSAFの利用を実質的に増やす努力は、現在市場に出回っている供給量の少なさや、従来の化石燃料をはるかに上回る価格など、大きな課題に直面している。SAFは現在、ジェット燃料の0.1%未満であり、燃料基準では商用ジェットエンジンにSAFを50%しか混合できない。

同社によると、本フライトは、SAFが化石ベースのジェット燃料の100%ドロップイン代替燃料となる可能性を実証するものだという。

本フライトのSAFは、燃料サプライヤーのAir bpとVirentから供給され、廃油、油脂を原料として利用するHEFA(Hydroprocessed Esters and Fatty Acids)を88%、植物性糖類を原料とするSAK(Synthetic aromatic kerosene)を12%ブレンドする。

【参照ページ】
(原文)World first 100% SAF transatlantic flight taxis closer to takeoff
(日本語訳)ヴァージン・アトランティック航空、史上初の100%SAFによる大西洋横断便を運航

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る