ペプシコ、約448億円を投じてポーランドにグリーン電力と循環型経済を重視した工場を開設

ペプシコ、約448億円を投じてポーランドにグリーン電力と循環型経済を重視した工場を開設

6月1日、食品・飲料大手のペプシコは、ポーランドに3億ユーロ(約448億円)の工場を開設すると発表した。同社は、ヨーロッパで最も環境に優しい工場として、操業に再生可能エネルギーを取り入れ、水の廃棄を減らし、世界の食料システムの課題への対応を助ける一連の循環経済対策も取り入れていると述べている。

同社によると、本工場は2035年までに気候変動に左右されない工場となる。

ペプシコは、光熱費の削減、屋上のソーラーパネルによる自家発電、将来的には敷地内のソーラーファームを追加する計画など、同工場で行われているサステナビリティに焦点を当てたいくつかの施策について説明した。また、同工場では雨水の収集・回収や、建物のユーティリティに使用するためのプロセス水の加熱も行う予定である。

また、製造工程で余ったジャガイモの皮は、嫌気性消化器技術によって施設の電力供給に利用され、農家が次の作物に使用する低炭素肥料に変換されるなど、同工場の循環型ソリューションも紹介された。

このほかにも、蒸気発生器の電化や、専用の充電ステーションを備えたEVの使用など、さまざまなソリューションを活用している。

新施設の開設は、ペプシコが2021年に開始した包括的なサステナビリティフレームワーク「pep+」に続くもの。「pep+」は、農業の実践、気候、水とパッケージングのサステナビリティ、消費者の健康など、幅広いESGの取り組みを包含している。同社は、2040年までにネット・ゼロ・エミッションを達成し、2030年までにウォーター・ポジティブになるなどのサステナビリティ目標を掲げている。

ペプシコによると、本工場で製造された製品はヨーロッパ20カ国以上に輸出され、450人の新規雇用を創出する予定である。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo opens 1 billion zloty snack plant in Poland
(日本語参考訳)ペプシコ、約448億円を投じてポーランドにグリーン電力と循環型経済を重視した工場を開設

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る