ハイデルベルグ・マテリアルズとリンデ、大規模な炭素回収プロジェクトを発表

4月12日、化学世界大手英リンデと独セメント製造ハイデルベルク・マテリアルズは、Capture-to-Use(CAP2U)の名称で合弁会社を設立し、大規模な炭素回収・液化施設を共同で建設・所有・運営する契約を締結したことを発表した。

CO2はセメント製造の副産物であり、世界の炭素排出量の約7%を占めると推定されている。セメント業界における世界初の工業規模のCO2回収・利用(CCU)施設は、2025年にハイデルベルグ・マテリアルのドイツ・レングフルト工場で操業を開始する予定である。

新プラントでは、年間約7万トンのCO2を回収・液化・精製し、得られた液体CO2の大部分は、リンデが化学製品や食品・飲料の最終市場向けの原料として販売する予定である。また、ハイデルベルグ・マテリアルズでは、CO2のリサイクルや再炭酸化の新技術を推進するために、より少ない割合で使用される予定である。

本プロジェクトの実施にあたっては、両社に加え、ドイツ連邦経済・気候変動省(BMWK)の「Decarbonisation of Industry(産業の脱炭素化)」プログラムによる約1,500万ユーロ(約22億円)の資金が提供される。

【参照ページ】
CO₂ as raw material: Heidelberg Materials and Linde build world’s first large-scale CCU facility in a cement plant
Linde and Heidelberg Materials Announce Large-Scale Carbon Capture Project

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る