21ヵ国政府、国際社会の支援によるクリーンエネルギー移行への共同声明を発表。日本は不参加

11月4日、COP26において21か国政府は、クリーンエネルギーへの移行に対する国際社会の支援に関する共同声明を発表した。

署名国は、アルバニア、カナダ、コスタリカ、デンマーク、イギリス、イタリア、ポルトガル、スウェーデン、フィンランド、ニュージーランド、スロベニア、南スーダン、ザンビア、マリ、マーシャル諸島、スイス、フィジー、アメリカ、ガンビアである。また、フランス開発庁、東アフリカ開発銀行、欧州投資銀行、オランダのFMO、ブラジルのミナスジェライス開発銀行も署名した。

署名した政府の共同行動は、世界がネット・ゼロ・エミッションに向けた野心的で明確に定義された道筋を確実に歩むために必要である。また、共同行動は1.5℃の温暖化制限とパリ協定の目標、そして利用可能な最善の科学技術に合致するため、世界的に持続可能で回復力のある包括的な経済発展を促す。

署名国は、2022年末までに、1.5℃の温暖化制限とパリ協定の目標に合致する、限定的かつ明確に定義された状況を除き、国際的に衰退していない化石燃料エネルギー部門への新たな公的直接支援を終了するとしている。COP27以降も、各国政府やその公的輸出信用機関、公的金融機関が同様のコミットメントを実施するよう働きかけていく。この働きかけには、国際機関、特にOECDにおける多国間交渉を推進し、パリ協定の目標に合わせてガバナンスフレームワークを見直し、更新、強化することも含まれる。

【参照ページ】
(原文)STATEMENT ON INTERNATIONAL PUBLIC SUPPORT FOR THE CLEAN ENERGY TRANSITION
(日本語訳)21ヵ国政府、クリーンエネルギーへの移行に対する国際社会の支援に関する共同声明

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る