EU議員、海運の脱炭素化に向けた協定を発表

EU議員、海運の脱炭素化に向けた協定を発表

3月23日、欧州議会の議員およびEU理事会のメンバーは、海上輸送部門の排出量削減を義務付ける新規制「FuelEU Maritime」について、早ければ2025年から開始することで合意に達したことを発表した。

本合意は、自動車、道路交通、建物、農業など他の分野の脱炭素化に続き、2030年までに温室効果ガス(GHG)排出量を1990年比で55%削減するという欧州委員会のロードマップ「Fit For 55」の交渉完了に向けた新たな一歩となり、EU内部のキャップ&トレード型炭素価格決定メカニズム「EU ETS」を強化する合意も得られた。

海上輸送は、EUの対外貿易量の約75%、対内貿易量の約3分の1を占めており、一次資源やコンテナ輸送の需要増により、今後も増加すると予想されている。本部門は、EUにおけるCO2排出量の約3〜4%を排出している。

Fit for 55イニシアティブの重要な一環として、FuelEU海事規制は、海上輸送の円滑な運営を確保する必要性とのバランスをとりながら、水上輸送における再生可能で低炭素な燃料の需要と使用を拡大し、この分野の温室効果ガス排出量の削減を促進することを目的としている。

規制には、海運部門が使用する燃料の温室効果ガス強度を、2025年の2%削減を皮切りに、2050年までに最大80%まで段階的に削減する要求が含まれている。本目標には、燃料の全ライフサイクルにおけるCO2、メタン、亜酸化窒素の排出量が含まれている。本規制には、自主的なプーリングメカニズムが含まれており、船舶は他の船舶との間でコンプライアンスをプールすることができ、グループ全体として原単位削減制限を達成することが要求される。

また、バースでのゼロエミッションの要件も導入され、旅客船やコンテナ船が港で陸上給電やその他のゼロエミッション技術を使用することが義務づけられる。

【参照ページ】
(原文)FuelEU Maritime initiative: Provisional agreement to decarbonise the maritime sector
(日本語参考訳)FuelEU Maritimeイニシアチブ: 海運部門の脱炭素化に向けた暫定合意

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る