Apollo、約5,361億円のクリーンエネルギー移行戦略を開始

Apollo、約5,361億円のクリーンエネルギー移行戦略を開始

4月26日、世界的なオルタナティブ投資会社であるApolloは、クリーンエネルギーや持続可能な産業への移行に必要な資金を提供する企業への投資を目的とした新しい投資戦略、Apollo Clean Transition Capital (ACT Capital)を立ち上げたことを発表した。新戦略は、Apolloの関連会社および戦略的パートナーからの40億ドル(約5,361億円)の資本をもとに立ち上げられる。

ACTキャピタルの設立は、Apolloが昨年、エネルギー転換と産業の脱炭素化に向けた融資と投資に焦点を当てた持続可能な投資プラットフォームを設立したことに続くもので、同社は5年間で500億ドル(約6.7兆円)のクリーンエネルギーと気候変動資本を展開する目標を掲げ、2030年までに1000億ドル(約13兆円)以上を展開する機会を見出している。現在までに60億ドル(約8,042億円)以上の資金を投入しており、Apolloは、新戦略が他の戦略と連携して2027年の目標達成をサポートすると述べている。

Apolloによると、新戦略は、エネルギー転換、産業の脱炭素化、持続可能なモビリティ、持続可能な資源利用、持続可能な不動産などの分野における機会を対象とした利回りやハイブリッド投資を通じて、「競争力があり、柔軟で、忍耐強い資金」を提供するとしている。

【参照ページ】
(原文)Apollo Launches Clean Transition Capital Strategy to Support Firmwide Target to Deploy $50 Billion by 2027
(日本語訳)Apollo、約5,361億円のクリーンエネルギー移行戦略を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る