バイデン政権、「米国メタン排出削減行動計画」に基づき、新たな詳細アクションを発表

1月31日、バイデン政権は、メタン排出に取り組み、クリーンなエネルギー経済を支援するため、「米国メタン排出削減行動計画」に沿った新たな行動を発表した。

今回の発表で、米国内務省はメタン排出の大きな原因である孤立した油田・ガス田の浄化のために、各州に11億5000万ドル(約1,325億円)の拠出を発表した。またエネルギー省は、連邦政府機関、州、部族による遺棄油井の清掃活動に技術支援を提供する「メタン削減インフラ構想」の立ち上げを発表した。運輸省では、パイプライン運営者にメタン漏れを最小限に抑えるよう要求するPIPES法の新たな施行が発表され、農務省は肉牛と酪農システムからのメタン排出を削減するための継続的な研究努力と投資を強調した。

ホワイトハウスもまた、温室効果ガスの排出と除去の測定、監視、報告、検証を調整するための新しい省庁間ワーキンググループの設立を発表した。石炭・発電所コミュニティと経済活性化に関する大統領府省庁間作業部会は、エネルギー・コミュニティ向けに、廃油・ガス井戸を含む化石燃料インフラを新産業に再利用するための全国ワークショップの開催を発表した。

これらの取り組みは、バイデン大統領と米国が、国際的なコミットメントを実行するために国内でいかに大胆な行動をとっているかを示している。2021年9月に開催された米国主導の「エネルギーと気候に関する主要経済国フォーラム」で「グローバルメタン誓約:2030年までにメタンの排出量を2020年比で30%削減するための世界的パートナーシップ」を発表しており、このイニシアティブに参加してる110カ国は全メタン排出量の約半分と世界のGDPの70%をカバーしている。

【参照ページ】
(原文)FACT SHEET: Biden Administration Tackles Super-Polluting Methane Emissions
(日本語訳)バイデン政権、「米国メタン排出削減行動計画」に基づき、新たな詳細アクションを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る