Phoenix Group、Robecoに約540億円の新しい気候変動ファンドの運用委託を決定

2月15日、英保険グループのPhoenix Groupは、3億3,800万ポンド(約540億円)の利益配当付き投資ファンドを資産運用会社Robecoに運用を委託し、新しいマルチアセット気候ソリューションを開始すると発表した。

Phoenixによると、新ソリューションは、現在および将来の気候変動の担い手や、ネット・ゼロの脱炭素戦略を追求する企業に投資し、株式とクレジットのバランスのとれたポートフォリオを通じて、利益配当付き顧客の長期投資目標の達成を目指す。

新ソリューションの資産配分には、ネット・ゼロ気候株式、気候グローバル債券、グローバルグリーン債券、SDGハイ・イールド債券のほか、スマートエネルギー、持続可能な不動産、スマート素材、スマートモビリティといった分野の株式が含まれる。

2021年、Phoenixは資産運用会社に対する一連のESG関連の期待事項をまとめ、「ポジティブな変化の実現」に取り組む投資組織のみと提携するとした。資産運用会社には、投資意思決定、リスク管理、ガバナンスプロセスに責任投資手法を完全に組み込むことを求め、ネット・ゼロを約束することを強く推奨している。

【参照ページ】
(参考記事)UK roundup: Phoenix Group assigns £338m to multi-asset climate solution
(日本語参考訳)Phoenix Group、Robecoに約540億円の新しい気候変動ファンドの運用委託を決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る