Tesco、英国最大の低炭素肥料を導入し、野菜のカーボンフットプリントを削減

Tesco、英国最大の低炭素肥料を導入し、食の安全確保と野菜のカーボンフットプリントを削減

1月27日、小売大手Tescoは、最大手の圃場野菜サプライヤー5社と提携し、英国の食糧安全保障に貢献すると同時に、サプライチェーンにおける温室効果ガス排出を削減する、英国史上最大規模の低炭素肥料の商業展開を開始すると発表した。農家が追加費用を負担することなく、初年度だけで温室効果ガスを最大20%削減する見込み。

2023年の栽培シーズンには、8種類の有望な代替肥料が1,300ヘクタールで使用される。2024年にはTescoの畑作野菜サプライヤー全体で最低4,000ヘクタールまで拡大する予定である。

化学肥料のコストは昨年に比べて140%も上昇しており、ウクライナの戦争による不足に悩む農家にとって、低炭素型肥料は費用対効果の高い代替品となる可能性もある。8つの肥料メーカーのうち6社は、生ゴミ、鶏糞、消火器カス、藻類などを原料に英国内で製品を製造する。

英国は現在、必要な肥料の約60%を輸入しており、最近では化学肥料工場の閉鎖により国内生産が打撃を受けている。 英国で低炭素の肥料を生産することで、環境に優しい雇用を創出し、化学肥料への依存を減らすことが期待されている。

Tescoは、従来の肥料による排出が60%以上を占める小麦や大麦、牛肉・羊肉・乳製品のサプライチェーンにおける草地など、他の農産物分野にも低炭素型代替肥料を導入する予定である。初年度は最大7万トンの生鮮食品を生産し、2024年には20万トンにまで拡大する。本取り組みは、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションを達成するというTescoの野望の一環として推進されている数多くのイノベーションの一つである。

試験に参加するサプライヤーのひとつ、HuntapacはTesco最大のニンジンサプライヤーで、Tescoに50年近く供給している。同サプライヤーは、低炭素肥料「R-Leaf」を使用する。

また、2050年までにサプライチェーン全体でネット・ゼロを達成するというTescoの幅広い取り組みの一環として、農場での排出量削減に向けたアプローチにも貢献する。

【参照ページ】
(原文)Greener greens: Tesco launches UK’s largest low-carbon fertiliser roll-out to increase food security and cut the carbon footprint of its veg
(日本語参考訳)Tesco、英国最大の低炭素肥料を導入し、食の安全確保と野菜のカーボンフットプリントを削減

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る