デロイトとサークルエコノミーコンサルティング、企業の循環経済支援で協働

1月24日、デロイトとサークルエコノミーコンサルティングは、企業が拡大する循環経済の機会を実現し、サステナビリティの目標を達成できるよう支援することを目的とした、新しいパートナーシップの立ち上げを発表した。

サークルエコノミーコンサルティングは、循環経済に焦点を当てたインパクト組織であるサークルエコノミー財団から独立して新しく設立されたインパクトコンサルティングファーム。 新しいパートナーシップに加えて、デロイトとサークルエコノミー財団は「サーキュラリティギャップレポート2024」を発表した。

本報告書では、バージンマテリアルの削減とマテリアルの流通維持を目的としたサーキュラーエコノミーの概念への関心が近年急速に高まっている一方で、二次材料の割合は減少し続けており、未使用材料は依然として経済に流入する抽出材料の大部分を占めている事実が明らかにされた。

デロイトによると、今回の提携は、材料採取を削減し、サプライチェーンの回復力を高める取り組みを支援することに加え、2026年までに20~30億ドルの市場になると予想される循環経済における企業の機会へのアクセスを支援することを目的としている。 両社は、本提携を通じて、戦略の設計、複雑な規制への対応、変革の導入からデータ分析、進捗状況の測定、報告に至るまで、さまざまな分野でのサポートを通じて企業を支援できると述べた。

【参照ページ】
(原文)Study: Global circularity still in decline despite circular economy ‘megatrend’
(日本語参考訳)デロイトとサークルエコノミーコンサルティング、企業の循環経済支援で協働

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る