デロイトとサークルエコノミーコンサルティング、企業の循環経済支援で協働

1月24日、デロイトとサークルエコノミーコンサルティングは、企業が拡大する循環経済の機会を実現し、サステナビリティの目標を達成できるよう支援することを目的とした、新しいパートナーシップの立ち上げを発表した。

サークルエコノミーコンサルティングは、循環経済に焦点を当てたインパクト組織であるサークルエコノミー財団から独立して新しく設立されたインパクトコンサルティングファーム。 新しいパートナーシップに加えて、デロイトとサークルエコノミー財団は「サーキュラリティギャップレポート2024」を発表した。

本報告書では、バージンマテリアルの削減とマテリアルの流通維持を目的としたサーキュラーエコノミーの概念への関心が近年急速に高まっている一方で、二次材料の割合は減少し続けており、未使用材料は依然として経済に流入する抽出材料の大部分を占めている事実が明らかにされた。

デロイトによると、今回の提携は、材料採取を削減し、サプライチェーンの回復力を高める取り組みを支援することに加え、2026年までに20~30億ドルの市場になると予想される循環経済における企業の機会へのアクセスを支援することを目的としている。 両社は、本提携を通じて、戦略の設計、複雑な規制への対応、変革の導入からデータ分析、進捗状況の測定、報告に至るまで、さまざまな分野でのサポートを通じて企業を支援できると述べた。

【参照ページ】
(原文)Study: Global circularity still in decline despite circular economy ‘megatrend’
(日本語参考訳)デロイトとサークルエコノミーコンサルティング、企業の循環経済支援で協働

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る