ノルウェー銀行、政府年金基金グローバルから2社を除外

 

1月24日、ノルウェー中央銀行の理事会は、中国政府系の航空機メーカーAviChina Industry & Technologyおよびインドの国営軍需企業Bharat Electronicsの2社について、「敵対行為の遂行に関する国際規則の重大かつ組織的な違反となる方法で武器を使用する国家に武器を販売しているという受け入れがたいリスク」を理由に投資から除外することを決定した。

決定の背景には、ミャンマー軍にそれぞれ軽飛行機などの軍事物資を販売していることがある。今回の決定は、2022年8月23日の倫理評議会の勧告に基づくものである。

同委員会の倫理指針第4条には、「経過観察措置および除外措置は、企業が武力紛争中の国家に武器を販売し、その武器が敵対行為の実施に関する国際規則の重大かつ組織的な違反となる方法で使用されている(…)ことに寄与している、またはそれ自体が責任を負うという受け入れがたいリスク場合、その企業について決定することができる」という規定がある。本指針に基づき、倫理評議会は2社への投資を検討した。

執行委員会は、勧告のすべての側面について独立した評価を行っていないが、観察基準と除外基準が満たされていることに満足している。企業の排除を決定する前に、所有権の行使を含む他の手段の使用も検討したが、本ケースで用いることは適切でないと結論付けた。

【参照ページ】
(原文)Decisions on exclusion
(日本語参考訳)ノルウェー銀行、政府年金基金グローバルから2社を除外することを決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る