金融シンクタンクPlanet Tracker、グリーンウォッシュの巧妙化を警告

1月10日、金融シンクタンクPlanet Trackerは、最新レポート「The Greenwashing Hydra」を発行し、グリーンウォッシュの手口がますます巧妙になっていると警告した。

本レポートの中で、Planet Tracker は、6種類のグリーンウォッシングを特定している。

  • グリーンクラウディング:多くの情報に紛れさせることで発見を回避する
  • グリーンライティング:環境破壊的な活動から注意をそらすために、事業や製品の環境に優しい特徴を、たとえ小さくても積極的に紹介する
  • グリーンシフティング:企業が消費者に責任を転嫁する
  • グリーンラベリング:マーケティング担当者が何かをグリーンまたはサステナブルと呼ぶが、よく調べるとそれが誤解を招くものである場合
  • グリーンリンシング:企業がESG目標を達成する前に定期的に変更すること
  • グリーンハッシング:企業の経営陣が投資家の監視から逃れるために、サステナビリティに関する情報を過少に報告したり隠したりする

Planet Trackerのリサーチ・ディレクターであるJohn Willisは、「世界中で、規制当局は拡大するグリーンウォッシュの問題に直面し始めている」と述べている。本問題に対処するためには、グリーンウォッシュに反対している団体が、ESG報告におけるグローバルな同等性を確立することが必要である。グリーンウォッシュの様々な側面を明らかにすることで、投資家や消費者が環境に配慮した意思決定をする際に、より注意深く行動できるようになる。

【参照ページ】
(原文)GREENWASHING GROWING INCREASINGLY SOPHISTICATED, SAYS PLANET TRACKER
(日本語参考訳)金融シンクタンクPlanet Tracker、グリーンウォッシュの巧妙化を警告

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-10-4

    【再確認】生物多様性とは?保全から開示へ。事業にとってなぜ重要なのか解説。

    生物多様性は、1992年のリオ宣言の際に生物の多様性に関する条約が採択されたことから、地球の持続可…
  2. アリアンツ、初のネット・ゼロ移行計画を発表 

    2023-10-3

    アリアンツ、初のネット・ゼロ移行計画を発表 

    9月7日、アリアンツは初の包括的なネット・ゼロ移行計画を発表した。本計画は、アリアンツ独自の投資ポ…
  3. 2023-10-3

    UNEP FI、ISSBアジェンダ優先事項に関するIFRS協議に回答

    9月2日、国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)は、ISSBの最初の基準である2022年…

アーカイブ

ページ上部へ戻る