金融シンクタンクPlanet Tracker、グリーンウォッシュの巧妙化を警告

1月10日、金融シンクタンクPlanet Trackerは、最新レポート「The Greenwashing Hydra」を発行し、グリーンウォッシュの手口がますます巧妙になっていると警告した。

本レポートの中で、Planet Tracker は、6種類のグリーンウォッシングを特定している。

  • グリーンクラウディング:多くの情報に紛れさせることで発見を回避する
  • グリーンライティング:環境破壊的な活動から注意をそらすために、事業や製品の環境に優しい特徴を、たとえ小さくても積極的に紹介する
  • グリーンシフティング:企業が消費者に責任を転嫁する
  • グリーンラベリング:マーケティング担当者が何かをグリーンまたはサステナブルと呼ぶが、よく調べるとそれが誤解を招くものである場合
  • グリーンリンシング:企業がESG目標を達成する前に定期的に変更すること
  • グリーンハッシング:企業の経営陣が投資家の監視から逃れるために、サステナビリティに関する情報を過少に報告したり隠したりする

Planet Trackerのリサーチ・ディレクターであるJohn Willisは、「世界中で、規制当局は拡大するグリーンウォッシュの問題に直面し始めている」と述べている。本問題に対処するためには、グリーンウォッシュに反対している団体が、ESG報告におけるグローバルな同等性を確立することが必要である。グリーンウォッシュの様々な側面を明らかにすることで、投資家や消費者が環境に配慮した意思決定をする際に、より注意深く行動できるようになる。

【参照ページ】
(原文)GREENWASHING GROWING INCREASINGLY SOPHISTICATED, SAYS PLANET TRACKER
(日本語参考訳)金融シンクタンクPlanet Tracker、グリーンウォッシュの巧妙化を警告

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る